ランナー・ベーカリーの人生録

ランニング・トレイルラン・登山・バイク・旅・キャンプ・料理が趣味で、仕事はパン職人歴約10年の情報発信兼記録用ブログです

当てのない旅~元パン屋の放浪記  三~四日目 ③休養と佐賀の平地

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへにほんブログ村 その他スポーツブログへ



f:id:simosimokun:20200103073252j:image

 休養

水ぶくれの足を落ち着かせるため一日使うことを決意、早る気持ちを抑えつつ思いっきりネットカフェに埋没することに。少しづつ水を抜きながら、絆創膏やらガーゼやらを当てて色々試してみる、明日になれば何とか歩けそうな感じ。

一安心すると次は腹ごしらえ、もう黙っていてもどんどん腹が減る、圧倒的にカロリー消費に摂取が追い付いていない。お菓子だろうとラーメンだろうと食べれる物なら構わず食べ、ジュースで流し込む。久々にコーラとポテチのゴールデンコンビを堪能した

そしてこれはーボローディングとにかくカーボローディング」と自分に言い聞かせる。

太る恐怖に怯えつつも、昨日の事を思い出すと食べれる時に食べておかないとこの旅は本当にヤバイと確信した故の暴挙。脂肪がみるみる減っていくのが怖い

そして眠い、とにかく眠い。

夜6時間寝たが全然足りていないようで、昼に3時間昼寝、夜もしっかり8時間睡眠。

翌朝は全力で休んだ甲斐あって8割方は回復、昨日の遅れをとり戻そうと、日が昇る前に佐賀市を後にすることにした。f:id:simosimokun:20200102160358j:image

佐賀の夜明け

佐賀市内、時刻は朝6時。辺りはまだまだ真っ暗で、人通りもまばら。寒いっす

朝ラン中のランナー達とすれ違う、自分が「このくそ寒い中物好きやねー」とか思う一方、すれ違うランナー達は60lのバカでかい登山バックを背負っ完全登山装備のやつに奇異の視線を贈ってくれる……お互い様でしたね

市街地を抜けてしばらくは国道沿いを歩く、だんだんと夜が明けて来る中、少しづつ色味を変えていく空は、どれだけ見ていても飽きることは無い。

いつもと違う場所で、いつもと違う状況で視る日の出はそれはそれは綺麗な物で、そう思うのは、ただ綺麗な風景だったからだけではなく、多分その時の気持ちの問題。

何も縛るものはなく、自分の意志で考え行動し全ての決断をする、完全に自分に由る行為でそれは本当に純粋な自由。

何かに左右されることなく、ただそこにある景色を視るという状況が、素直に自分に綺麗だという感性を起こさせた。自由であるが故に、素直に綺麗な物を綺麗だと思うことが出来たのだと思います。なんかポエムっぽくなった

そんな事を考えながら歩いていると、だんだんと夜は明けていきました。


f:id:simosimokun:20200102155927j:image


平地を行く

長崎県生まれ長崎育ち、海岸線と山道ばかりの地域で過ごしてきたので、平地を10km以上も真っすぐ歩くというはとても新鮮でした。

新鮮でしたが、飽きてきたので取り合えず左に曲がり、方角だけ確認して国道を外れ少し冒険することにしました。地形さえ把握してれば大丈夫!……たぶん

知らない土地で適当に進めば道に迷いそうなものですが、これが意外と迷わない。歩きだととてもゆっくり進むので地形を把握しながら進めるし、車では行き止まりでも徒歩なら無理やり進むこともできるので、進めずに引き返すという事もあまりありませんでした。

そして国道沿いと違って刺激も多い、「日本一のアップルパイの店」とだいぶ年期の入った看板の謎の店・横断歩道に設置してある謎の人形・やたら親切に誘導してくれる棒振りのおじさん等色々楽しみながら歩けます。

そんなこんなで昼時になって小腹が減ってきたころ、パン屋さんを発見!

元パン屋の血が騒ぐぜ……

偶然発見

店員さんにちょっと物珍しげな視線を頂きながらチョコパン・お焼きアンパン・クリームパンを購入、折角なので公園でも探してゆっくり食べようと思うも、なかなか見つからず、手に一個ずつ持ち少しづつ齧って食べながら歩くことに。

これが意外と効率的で、常に食べてるので腹持ちもいいし、少量ずつの消化になるので内蔵への負荷も少なく胃もたれすることもない。また、長時間歩き続ける中の楽しみとしても重宝しました。なんだかんだ暇ですからね

行動食は少量を少しづつが最適解なのは解っていましたが、実際やるとなると日常から習慣づけといた方がよさそうです、どうしようもない状況で意識して試そうとして、ようやく実践できたので。パフォーマンスが落ちてから食べるのではなく、落ちる前に少量食べるを繰り返す、水分補給と一緒ですかね。

鳥栖市内まで後もう少しという所で突然に雨が降ってきたのでコンビニに避難、レインウェアを着て歩くことも考えたましたが、体力の消耗と濡れた事で生じる後処理の事を考えると、大人しく待っていた方がいいと判断。

雨雲も薄いしすぐに止むだろうと、20分程コンビニで小休憩することにしました。

雨を止むのを待つ時間ってなんだか不思議な気分で落ち着いていて好きです

f:id:simosimokun:20200102123830j:plain

お焼きアンパン

鳥栖を横切る

田舎道から鳥栖市内に侵入して、鳥栖駅まで一気に街中を横切る。街中は人や自転車が多くて歩き難いので、小走りで一気に駆け抜けました。自転車が歩道を逆走しまくってる!

やはり格好が目立つのか、度々視線を感じる。防犯上と景観を損なわないと言う点で旅の道中街に溶け込む格好をするのも大事、しかしそうすると自然に機能性が下がって、重量が増えるリスクがある。

なかなか妥協点が難しい所ですが、自分の場合もう少し雑にしてもいいのかもしれません。

そしてこの辺りまで来ると、美味しそうな豚骨の香りを漂わせるラーメン屋が増えてきて飯テロもいいところなのですが、このタイミングで流石にラーメンは無いと泣く泣く断念。夜食べよう絶対!

鳥栖駅に着いて歩道橋を渡るとサンメッセ鳥栖の広場にでます、多分佐賀で一番でかい施設はこれではないでしょうか。佐賀らしくて良い

人も少なくベンチも沢山あったので、ゆっくり休んで行きたかったがどうも雲行きが怪しい。目的の筑紫野市内まで後20km、あまり目立つ格好で夜の街を歩きたくない事もあり夕暮れまでには到着したい、つまり時間もそんなに余裕はない。

やれやれと立ち上がって、残っていたチョコパンを口に放り込み、広場を出て国道3号線に入る道に進んだ。

時刻は午後1時過ぎ。

f:id:simosimokun:20200102144448j:plain

エネルギー補給

福岡県太宰府市到着

 国道3号線に入ってから一向に前に進んでいる感じがしない、しょっちゅう時計を確認してしまう。

足が重い、足裏が痛い、荷物を背負う肩が痛い。

耐えかねて食事と休憩をとれる所を探すが、そういう時に限ってなかなか見つからない。加えて道に迷って住宅街をウロウロ、不審者感満載で歩き回る。

登山靴がいけなかったのか、荷物が重すぎたのか、思考がグルグル頭の中を回るがいつまでたっても答えは出ない、答えが出たとしても意味はない。

こういうトレーニングなのだと思うことにして、考えるのを止めた。

目的地まで後13km、さすがにもう限界というところでファミレスを発見。席について荷物を下ろし、靴を脱ぐ。足の熱さが引いていく、疲労よりもオーバーヒートしている足の方が問題だったのがよく分かる。

しかし、熱さが引くと替わりに歩いた時に痛い、しばらく歩くとまた慣れて来るのだが延々とそれの繰り返しで、歩き過ぎて熱いか、歩き始めで痛いかのどちらかだ。

ファミレスでオムライスとドリンクバーを注文しジュースをしこたま飲んでエネルギー補給、店を出て最後のひと踏ん張りを歩き出す。

スピードが出ない、最早ウォーキング中のお爺さんにすら抜かれる始末。

福岡県筑紫野市のネットカフェが今日の目的地なのだが、市街地に入ると道が複雑すぎて、ただでさえないエネルギーを脳に回さなければいけなくなる。

迷っている訳ではないが、道の右左折や横断が続くストレスがツラい。

日が暮れ初める、世間は年末で忘年会終わりの酔っぱらいがチラホラ目に入る。街中で浮いた格好の奴がフラフラ歩いてたら余計に目立つだろう、この状態で間違っても絡まれてトラブルが起きるような事は避けたい。全力で平然とした足取りを装いながら気配を消すよう努め、ただ前だけ向いて歩き続ける。

ようやくネットカフェの看板が見えたと言うころで雨がパラつき始める、「危なかった」もう雨を凌ぎながら進む体力は残されていない。

本日も無事到着、何とか受付を終え、シャワーを浴びて着替えを済ませる。

動けない、身体の脂肪が明らかに減っている、歩いてる最中にどんどん腹が凹んでいくのが分かった。

人間が荷物を担いで歩くというのは相当に燃費の悪い行為のようで今回は走った時に比べ時間は2倍歩数は1.5倍かかっている。

そして、足への負担も問題だ。体力が限界を迎える前に、足が何かしらの故障を起こしてしまう。

今後長時間のレースに出場する際はこういった足のトラブルとの戦いになるだろう、マメ・水ぶくれ・靴擦れ・爪剥がれ等の対策・対処方法を経験で覚えるいい機会になりそうだ。

明日は1日中雨が降り続くそうなので、大人しく休む事にする。休み過ぎな気もするが、次の目的地までは山を越えていかなくてはならない。今の体力で雨の中山越えは危険すぎるのでやっぱり大人しく待つことにした。

それに今回の事で雨が止むのを待つ幸せに目覚めたようだ

 

f:id:simosimokun:20200102163808j:plain

雨の日に室内にいる幸せ

  いつも最後まで読んンで頂きありがとうございます、読者登録・SNSフォロー・いいね等もしてもらえるとすごく喜びます↓